代表プロフィールProfile

ワンネスフード > 代表プロフィール

代表 タド・ジュンコ

静岡県生まれ、東京育ち
スピリチュアル料理研究家、エッセイスト、元編集者。
著書『不思議と幸せを呼びこむスピリチュアルごはん』
ビオ・マガジン発行のスピリチュアルな月刊誌『anemone』に光の料理レシピを連載執筆し、2020年で3年目。

自然界の氣や人の意識、音、振動、太陽の光、記憶装置である水の力などの働きをも用いた食の講座を展開中。
地に足のついたスピリチュアリズムを、ベジタリアンスタイルの自然食という手法を基礎として提案している。

スコットランドにある国連認定NGO「フィンドホーン財団」が運営するエコビレッジを訪れ、その時、まさに天から降りてきた、
ある言葉「ワンネス」を受けて、帰国後「ワンネスフード」という料理教室を始め、2020年で満10年になる。

2019年夏まで、1年間、都内の目白駅の近くでビーガンレストランを経営。
ここでは、種を繋いだ来歴のはっきりした穀類・野菜、自然農法の植物性素材のみで料理を提供し、好評を得た。

背景として、35年前、自身の体調不良をきっかけに出会った整体師の指導により自然治癒力を知り、価値観が転換し、十数年、在家密教修行。 薬に頼らない育児・育自歴35年以上。
オーガニックフードの消費者として30年。ビーガン歴10年以上。現在は、ややゆるめて、ベジタリアンスタイル。
東松山に田畑を借りて、週末のみ農体験の遊びを3年間。

ガン患者と家族のためのNPO法人の編集部に勤務し、治ってゆく人、治療家、医師を多数取材、啓蒙活動の講演会やワークショップを運営。
医師から患者へと指導するのみではなく、完治した元患者から実存的変容や人生進化を学ぶ、オルタナティブな医療の学会創設にも携わった。
その後、スピリチュアル専門誌『アネモネ』の編集部に勤務。
医療機関と提携した食生活指導の経験がある。

食の学び
「未来食つぶつぶ」にて雑穀とスピリチュアルな栄養、日本雑穀協会にて雑穀の成分と有用性を学ぶ。「日本ナチュラルフード協会」にて
オーガニックな農のあり方と、マクロビオティックを土台とした自然食を学ぶ。ローフードの基礎理論である超健康法「ナチュラル・ハイジーン」を取材し、大いに影響を受ける。
シードマイスター協会 (現、石井ピュアファーム)から種を残す活動と自然農法の概論を学ぶ。

著書・メディア掲載情報

著書『不思議と幸せを呼びこむスピリチュアルごはん』
リンダパブリッシャーズ刊。

自然界の氣を結ぶ料理をした生徒さんたちから、
ラッキー報告が次々と舞い込みました。
食事を変えるだけでエネルギーが満ちてくるのです。
大地、水と火、風の尊厳を大切にした食事は、
わたしたちを幸せの循環の中に住まわせてくれます。

メディア掲載情報をもっと見る

略歴

2010年
東京都世田谷区東玉川にて料理教室を開始 ワンネスフード協会とする。
~2013年12月
東松山に田畑を借りて農体験
ガン患者のためのアマゾンハーブ「ジェネピック」を用いた食事生活スタイル指導講師として、立ち上げから関わる。
全国の統合医療のクリニックの患者の食事と生活の指導に当たる。
2013年7月~2016年5月
大田区洗足池にて料理教室運営(個人向け、プロ養成、ガン患者の食事指導)、各種イベントレクチャーつきケータリング、資格講座。
2016年6月~
世田谷区東玉川に移転。
2018年8月~2019年7月
コンセプトを実現したカフェレストランを営業。

主な講演・ワークショップ

  • 朝日カルチャーセンター 食からの放射能対策講座
  • 表参道たまな教室 客員講師として連続講座 五穀豊穣いつつのたなつもの素晴らしき雑穀の世界 
  • Hobbyクッキング×ファンサイトandparty (ご馳走の達人 ) 連続コラボ教室 東京ビッグサイトメインステージ
  • ガン患者のためのジェネピック生活指導士養成講座
  • サトルエネルギー学会  (春の大会、秋の大会、サトルサロン多数。食生活分科会の主査として連続講座開催 )
  • サイ科学会 ヒポクラテスシンポジウム・全国大会
  • BABジャパン『セラピスト』動画セミナー 
  • 美容研究家ミス・ユニバース公式コーチ岡江美希×タド・ジュンコ
  • 春名伸司氏の招聘により、岡山県にて出版記念講演会
  • ママのための足育、食育セミナー in 柏
  • 東京都玉川法人会「あなたの力を引き出す食事」
  • クックパッド料理教室
  • Perfect Dream山川紘矢・亜希子先生をお招きしてタド・ジュンコとのトークイベント
     (スピリチュアル弁当・アンサンブルマレットのマリンバ演奏)
  • 太陽系太◎光の写真展@キチジョウジギャラリー富士山コンベンション2020

ほか多数

ページの上部へ