HPtop75p
雑穀と野菜は体を変える : 健康をテーマにした料理教室
お電話でのお問い合わせ  メールでのお問い合わせ
2019年03月14日

ビーガンが流行、それにもワケがある。【スピリチュアル食養資格講座】

こんにちは

宇宙エネルギーと繋がる食卓

タド・ジュンコです。

 

ここのところ、ビーガン(vegan)が注目されていますね。

セレブのライフスタイルとか、

美セレブの理由とか、

あちらこちらで「ビーガン」の文字を目にする機会が増えました。

 

 

veganとは、動物性素材を食べない、のみではなく

動物のいのちを搾取しないライフスタイルです。

 

たとえば、毛皮を買わない、

革靴を履かない。

革のバッグも持たない。

 

 

毛皮はいらないにしても、

靴やバッグまで 完璧ではなくても、

 

お肉や卵や大きな海洋生物をたくさん食べる暮らしから

 

野菜や穀類、果物、海藻が中心の食事に移行しても良い頃じゃないかなぁと感じています。

 

 

ビーガンは、

環境負荷の少ないライフスタイルです。

 

なぜなら、

 

牛肉(日本で作られる霜降り牛など特に)は1kg作るには

その11倍以上の飼料が必要という計算があります。

 

水も、石油も土地も大量に使います。

 

牛さんのような反芻動物のげっぷや、畜産全体の排泄物は、メタンガスの発生源でもあります。

 

 

ふだん庶民が食べる、スーパーに売られていたり、外食産業で使われる一般的なお肉の類は、

狭い場所で、抗生物質やホルモン剤を投与されながら

人間に食べられるために生まれ、フルスピードで育てられ、生涯を閉じる動物さん。

 

 

一方、

ひろーい草原にのびのび 放し飼い、運動をしておいしく草を食べるこうした畜産製品は、

グラスフェッドビーフとか、グラスフェッドバターと呼ばれて、

「希少」で、「高価」ですが、最近は注目もされてきています。

 

 

畜産のあり方が問題視されてきているからです。

 

広い土地、良質な牧草や水が必要ですから、いまこの星で

お肉を普通に食べている人の分は、まかなえません。

 

vegeimage

動物さんのいのちを食べることには変わらないし。

 

ですから、グラスフェッドもいいけれど、

 

いわゆる先進国の人々が、1週間に1日、Vegan Styleの食事をしたら、

あるいは、

1週間に1日 断食したら

世界は少し違ってくるんじゃないかしら。

 

もっと優しくなるんじゃないかしら。

 

 

わたしが、veganまたはベジタリアンスタイルをおすすめしている理由は、

それが、

エコロジカル・ヘルシー、そしてスピリチュアルなスタイルと感じているから。

 

ビーガンが流行ってきているのは、

 

世界全体が、

そうしたことを自然に感じ始めたのではないかと思います。

 

これだけが正しいなんて、言うつもりはないのですけれど。

 

 

ビーガンやベジタリアンスタイルを取り入れ始めたら

 

まず体調も自分自身の感じ方も、変わってきます。

現れてくる世界も当然変わってきます。

 

新しい世界の扉が開く感じです。

 

 

こんなあり方を広める人の為の講座をしています。

お仕事に生かしていただけます。

 

仲間になりませんか。

 

《スピリチュアル食養資格講座》

https://peraichi.com/landing_pages/view/onenessfood1program

 

 

愛と感謝と尊敬をこめて

タド・ジュンコ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
タド・ジュンコ 健康料理スクール
http://tado-junko.com/
住所:東京都世田谷区東玉川1
TEL:03-6326-5821
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

タド・ジュンコ 健康料理スクール 所在地

タド・ジュンコ 健康料理スクールは
『〒158-0084 東京都世田谷区 東玉川 1』 にあります。

※遠方から、お車でもお越しいただけます。

料理教室流れ

※木の温もり、個人コンサルティングと5~8人の少人数レッスン 世田谷区 自然派 健康料理教室です。

今月のスケジュールはコチラ

メッセージ


大切なあなたへ

野菜と雑穀料理であなたにスイッチおん
お食事コンサル タド・ジュンコです。

料理教室って?
どんなイメージですか?

正直、
ワタシの人生では、長いこと興味ありませんでした。
エプロンした女性の集まり… みたいな程度で。
女子校で育ち、 子育て中は女集団PTAも、会長までやりましたけど。
エコ&ヘルシー系のオタクで、おいしいもの大好き。

編集ライター出身、情報収集と発信はします。
でも、器用ではないんです。
ナゾの料理を作って他人に食べさせたりはしても、
女性の中で料理を教えるなんて、とても考えられない?と思っていました。

好きなのは、野菜と雑穀。
ナチュラル、ヘルシー、エコロジカルでスピリチュアルなテイスト。
ヴィーガン (植物性オンリー)かベジタリアン(ヴィーガンよりも少しゆるい、いろいろなタイプも)。

遡れば
30年間「自然治癒」をテーマに学んできました。
いまは大人になった二人の子どもたちも
薬には頼らず、自然な食べ物と手当てで育児をしました。

生活習慣病を治すための啓蒙活動をするNPOに勤務して、多様な療法を取材し、
いろいろな、少し変わった料理スクールを遍歴し、
スコットランのエコビレッジ、フィンドホーンの農体験や食事にも感動して、
自分でも田畑を借りたけれど、
都会暮らしではオーナーさんの世話になるばっかりのなんちゃって週末農だったり。

なんかいろいろやりましたが、
その結果、いまがあります。

料理の一皿が、広い世界や、自分の内面の深いところにもつながっていると
教えてくれた師匠たちに、感謝しています。

そのへんでスイッチ入った感じです。

これって、

大きな活動よりも、目の前の一皿を変えること。って、
イギリスの偉大な思想家、平和活動家のサティシュ・クマールさんがおっしゃっていたのと、同じですもんね。
なんかえらそうに、だんだん大きな話題になりました・笑。

あなたには、自分の力を引き出して、いつも楽しくいてほしいです。

お子さんのためのレッスンもしましょう。

でも、そのまえに、まずあなたが、安心してほしいんです。

外食は、その楽しさを選べばよいし。

自分のおうちでは、ヘルシーフードにこだわっちゃいましょう。
あなたの力を引き出すレシピで。
添加物ももちろんなしでね。

心の底から安心して、おいしく。

そんな気持ちで。娘や姉妹と取り組んでいる感じで、
料理教室をしています。

ここは、あなたのためのキッチンで、アトリエです。

現在は、自分のスクールのほかに、
医療機関と提携して、生活習慣病の患者さんへの生活指導士養成のお仕事もしています。
そのノウハウを生かして
ここで提供しているのは、結果の出るレシピになりました。

お申込み、お問い合わせは、電話・メール、ホームページやブログの問い合わせボタンで
いつでもください。待ってますから!

© タド・ジュンコ 健康料理スクール. All rights reserved.