HPtop75p
雑穀と野菜は体を変える : 健康をテーマにした料理教室
お電話でのお問い合わせ  メールでのお問い合わせ
2019年03月02日

次元上昇 だんだん動物性の食べ物が減った人へ

宇宙エネルギーと繋がる食卓

タド・ジュンコです。

 

人々の意識も

この星全体も急速に変化しています。

 

不食

世界にはプラーナだけで生きている人もいるけれど

 

ルルドの水

 

写真は、ギャラリーむらた(恵比寿)の容子さんにいただいた、歴史ある布と、

ルルドの泉のお水。

 

 

不食どころか

食べることが大好きなひとが、

 

この星の急激な波動変化で

だんだん 動物性のものを食べなくなってくる、というのは

よくあること。

 

 

わたしたち生き物は、

食べたものも体内で原子転換しているので

 

必ずしも

過不足なく  完璧な栄養を摂る必要はないと思いますが、

 

 

動物性を減らして

腸内細菌叢やスピリットが、

まだ変容中〜なときは

 

 

動物性の代わり、に近いような食べ応え、味わいの

植物性のおかずがとても便利で、美味しく感じるようです。

 

 

雑穀や大豆やひよこ豆やそれらの加工品は重宝です。

そして、何より、食べ物は工場からくるもののボリュームは少なめに

できるだけ、農場からくるものを選びます。

 

素材からシンプルに料理する方が、生命エネルギーをいただけるからです。

 

 

世界の見え方が少し変わってきた人が、

自分の本質と繋がってゆくとき、

移行するとき

 

 

食べ物とそれを取り巻く環境、栄養やスピリットについて、繊細に感じ始め

なぜ、かくまで世界は矛盾だらけなのだろうと、いまさらのように思うことがあります。

 

 

もう、ごまかせない

いままでとは違う、と感じることがあります。

 

 

はい。

2019年、もう、ごまかしている暇はないようなのです。

 

 

本気で覚悟して、

偽りのない自分を生きること、自分とこの星を愛すること、でも、苦行しないこと

今回は本当にそこから、それないようにしたいですね。

(一番自分に言い聞かせている〜修行癖があるし。。。)

 

 

【スピリチュアル食養資格講座】

 

わたしのところで開講している

「スピリチュアル食養資格講座」というのは、

 

そうしたことを「伝える人」が社会にはもっと必要だろう、と

開講しています。

 

学んでるうちに、ご自分自身がまず変化してゆきます。

 

お仕事の幅を広げることにもなります。

 

 

いままでの栄養学とは少し違う内容です。

いよいよ2019年の春分を迎えるとき、

自分は何者なのか、どこにいるのか、これからどこへ行くのか

現象に振り回されないで

自分の内面と繋がること

がますます大切。

 

意識進化には、必ずしも

食べ物だけを中心にする必要はないのですが

 

 

環境負荷が小さく、

搾取ではない、食べ物を

選んでゆきたいですよね。

 

 

善悪のジャッジメントではなく、反対運動ではなく

スピリチュアルにそれを広める人は必要なのです。

 

 

学んでゆく中で、

自分の選択がいかに社会に影響を与えるのかがよくわかります。

 

それは、

自分の意識が瞬時に世界に影響を与えるということが

三次元的にも、そうであったと腑に落ちるときです。

 

 

食べ物の選択を変えると

理屈抜きに自分の周波数も変わります。

 

腸内の微生物も、その食べ物の影響を受けます。

脳も。

 

 

白砂糖は

しばらく摂っていなかった人が、いきなり食べたら

無性にいらいらする、そんなことさえ起こります。

 

あなどれない話。

 

 

 

【スピリチュアル食養資格講座】

春の説明会

基本は  月曜、火曜、水曜です。

マンツーマンなので、説明会日程はご希望をお教えください。

受付はこちら→《contacts》

 

 

【タド・ジュンコの講座】

3月7日(木) 18:30〜20:30

サトルサロンでタド・ジュンコのお話会

タイトル:本来の力を取り戻す「スピリチュアルごはん」

 

主催:サトルエネルギー学会

会場:港区立商工会館(JR浜松町駅から徒歩7分)

参加費:2,000円

お問い合わせ http://subtle-event.seesaa.net/article/464107262.html

 

 

△スピリチュアル・ホーリーな月刊誌『アネモネ』に「幸運が舞い込む女神レシピ」連載中

△著書『不思議と幸せを呼びこむスピリチュアルごはん』Amazon在庫僅少

タド・ジュンコの目白のオーガニックビーガンレストラン「malolocafe by onenessfood」にまだ少しあります

『アネモネ』もこのお店で販売しています。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
タド・ジュンコ 健康料理スクール
http://tado-junko.com/
住所:東京都世田谷区東玉川1
TEL:03-6326-5821
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

タド・ジュンコ 健康料理スクール 所在地

タド・ジュンコ 健康料理スクールは
『〒158-0084 東京都世田谷区 東玉川 1』 にあります。

※遠方から、お車でもお越しいただけます。

料理教室流れ

※木の温もり、個人コンサルティングと5~8人の少人数レッスン 世田谷区 自然派 健康料理教室です。

メッセージ


大切なあなたへ

野菜と雑穀料理であなたにスイッチおん
お食事コンサル タド・ジュンコです。

料理教室って?
どんなイメージですか?

正直、
ワタシの人生では、長いこと興味ありませんでした。
エプロンした女性の集まり… みたいな程度で。
女子校で育ち、 子育て中は女集団PTAも、会長までやりましたけど。
エコ&ヘルシー系のオタクで、おいしいもの大好き。

編集ライター出身、情報収集と発信はします。
でも、器用ではないんです。
ナゾの料理を作って他人に食べさせたりはしても、
女性の中で料理を教えるなんて、とても考えられない?と思っていました。

好きなのは、野菜と雑穀。
ナチュラル、ヘルシー、エコロジカルでスピリチュアルなテイスト。
ヴィーガン (植物性オンリー)かベジタリアン(ヴィーガンよりも少しゆるい、いろいろなタイプも)。

遡れば
30年間「自然治癒」をテーマに学んできました。
いまは大人になった二人の子どもたちも
薬には頼らず、自然な食べ物と手当てで育児をしました。

生活習慣病を治すための啓蒙活動をするNPOに勤務して、多様な療法を取材し、
いろいろな、少し変わった料理スクールを遍歴し、
スコットランのエコビレッジ、フィンドホーンの農体験や食事にも感動して、
自分でも田畑を借りたけれど、
都会暮らしではオーナーさんの世話になるばっかりのなんちゃって週末農だったり。

なんかいろいろやりましたが、
その結果、いまがあります。

料理の一皿が、広い世界や、自分の内面の深いところにもつながっていると
教えてくれた師匠たちに、感謝しています。

そのへんでスイッチ入った感じです。

これって、

大きな活動よりも、目の前の一皿を変えること。って、
イギリスの偉大な思想家、平和活動家のサティシュ・クマールさんがおっしゃっていたのと、同じですもんね。
なんかえらそうに、だんだん大きな話題になりました・笑。

あなたには、自分の力を引き出して、いつも楽しくいてほしいです。

お子さんのためのレッスンもしましょう。

でも、そのまえに、まずあなたが、安心してほしいんです。

外食は、その楽しさを選べばよいし。

自分のおうちでは、ヘルシーフードにこだわっちゃいましょう。
あなたの力を引き出すレシピで。
添加物ももちろんなしでね。

心の底から安心して、おいしく。

そんな気持ちで。娘や姉妹と取り組んでいる感じで、
料理教室をしています。

ここは、あなたのためのキッチンで、アトリエです。

現在は、自分のスクールのほかに、
医療機関と提携して、生活習慣病の患者さんへの生活指導士養成のお仕事もしています。
そのノウハウを生かして
ここで提供しているのは、結果の出るレシピになりました。

お申込み、お問い合わせは、電話・メール、ホームページやブログの問い合わせボタンで
いつでもください。待ってますから!

© タド・ジュンコ 健康料理スクール. All rights reserved.