HPtop75p
雑穀と野菜は体を変える : 健康をテーマにした料理教室
お電話でのお問い合わせ  メールでのお問い合わせ
2018年10月13日

「ストレス その未知なるもの」大ホリスティックな視点を目指し、各界の専門家のスピーチ。

宇宙エネルギーと繋がる食卓

タド・ジュンコです。

 

「大ホリスティック」!を提唱され、

代替医療のトップで気功家でもある

帯津三敬病院名誉院長、帯津良一先生が会長のサトルエネルギー学会

 

今回のテーマは「ストレス その未知なるもの」
タド・ジュンコも食の立場から講演します。

タドは10:05からなので、どれだけの方がいらしてくださるかしら。絶賛募集中。

「ワンネスフード」とご記入お申込で1,000円引きです。

一応パワポは用意しますが、お集まりの方に合わせて、話の内容も変えようと思います。鮮度よく。

どうぞよろしく。

 

 

タドの次には、人事・福利厚生全般のコンサルティングをお仕事としてなさっていて、

なおかつ、ご自身が乳がんを克服した経験を持つ、中島明子さんです。

今回のテーマにぴったりではないでしょうか。

ちなみに、中島さんはわたしの知人なのです。

 

 

実績があり超面白い、各界の異色の先生方が講演 ! 

 

 

ワンネスフード/タド・ジュンコ健康料理スクールの会員、お客様は1,000円引きになります。
お申し込み時に「ワンネスフード」とご記入ください。
http://subtle-eng.com/2018autumn.html2018年10月20日(土)
開場:9:45 開演 10:00
会場:国際ファッションセンター(KFC Hall Annex)
最寄駅:都営大江戸線・JR「両国」駅
主催:サトルエネルギー学会

お申込はこちら→サトルエネルギー学会 http://subtle-eng.com/2018autumn.html

 

ストレスをテーマとして、
当学会の会長、帯津三敬病院名誉院長・医学博士である、帯津良一先生を中心に、

笑い、食、ビジネスの現場、精神科、脳といった各専門分野からアプローチします。

 

10:00〜10:05 
開会挨拶:大会実行委員長 川口哲史
司会:川口哲史・ゆきのあかり

 

10:05〜10:55
「潜在能力の開花する食卓」          朝早いですが、ぜひ いらしてください。

何人お集まりかしら、この日いらした方々に合わせた話をしようと思います。
スピリチュアル料理研究家・ワンネスフード代表 田戸純子
著書『不思議と幸せを呼びこむスピリチュアルごはん』、『anemone』に料理エッセイを連載中。

ガンを治し人生進化を目指すNPO法人で学会創設に携わる。雑誌編集部を経て食生活コンサルティングと料理教室を行う。

今秋、都内目白にオーガニックベジスタイルのカフェをオープン。自然治癒力を活かす子育て自分育て歴30年。

食事は人生を変える力があります。

ストレスと感じた現象にも、以前とは違う反応をする体質転換ができるかもしれません。

それには栄養素だけではなく、「いのちあるホンモノ」を食べることが大切です。当たり前の話です。

ですが普通に暮らすとその認識と行動にギャップが生じてきませんか?

そこで毎日に活かしやすい食材の選び方の「愛ことば」と、糖質や調味料のチェンジ、

体内サイクルを意識した7ステップによる食事法をもとに「氣」を意識してお話します。

日本の伝統食材は、腸内細菌叢を元氣にして、氣分を明るくします。

そして、食事は大いなる自然のいのちや氣をいただくもの。

自然界の氣を結ぶ手料理で、眠っていた潜在能力は開いていきます。

 

 

 

次の登壇者の中島明子さんは、わたしが以前から存じ上げている方です。 ぜひお聴きください。

 

この方のセミナーに参加したことがありますが、面白く、かつ、とても安心感のある心地よいものでした。

そのため、ぜひにも今回登壇いただきたいとお願いしました。

人事・福利厚生コンサルタントとしてのお立場と、ご自身がガンを克服した経験と、すべて今回のテーマにぴったり。

わたしがガン患者と家族のためのNPOに勤務していたとき、中島さんは、すでに乳ガンを克服されたボランティアとして

活動され、多くの患者さんに希望を与えていました。

 

 

10:55〜11:45
「欧米の先進的企業のおけるストレスの取組方と強化プログラム」
人事・福祉厚生コンサルタント 中島明子
外資系プロフェッショナルファーム(タワーズワトソン社)で、人事・福利厚生全般のコンサルティングを行なっている。

自らの体験(乳がん)を活かして、「氣の養生塾(岡山)」等で、がん患者さん向けのレジリエンス研修の講師も務める。

社会保険労務士。中央大学法学部卒。共著『職場のストレスチェック実践ハンドブック』(創元社)

欧米の先進的企業では独自性のある健康増進策を社員に提供することを他社との差別化に活用しています。

ストレスは社員の生産性や「やる気」を低下させ、業績に悪い影響を及ぼします。

メンタルヘルスとして心的側面だけに焦点を当てず、多様な視点からのウェルビーイング Well-Being施策(例えば、

ストレス、睡眠、栄養、食事)をセットで提供しています。

ストレスに対するセルフケアとして注目されているのが「レジリエンス強化プログラム」です。レジリエンスとは、

状況への対応の仕方を自らコントロールできる能力であり、困難や逆境から立ち直る力のことです。

変化の激しい高ストレスな環境において不可欠なスキルといえます。

 

11:45〜13:00 昼休み
併設の出展ブースをお楽しみください。
ワンネスフード/タド・ジュンコ健康料理スクールもブース出展をしています。        食べに来てね。
休憩時間に会場で召しあがれる自然農法の玄米おむすび、にんじんのサラダ・テンペのフライ、温かいお味噌汁、

スペルト小麦のマフィン、スコーンや、調味料、書籍、まな板などをご用意します。

どうぞお立ち寄りください。

 

13:00〜13:50 
「笑いと健康」橋元慶男
元鈴鹿医療科学大学(教授)、日本心身健康科学協会(理事長)、三重産業保健総合支援センター(相談員)、

日本笑いヨガ学会(理事長)、博士(心理学/心身健康科学)、臨床心理士他

随意的な作り笑いの実証的な研究によって博士の学位を得た。

笑いが心身の健康にもたらす有意的な効果について、認知予防や睡眠学の視点からの考察を述べる。
現代のストレス社会におけるマインドフルネスの技法のひとつに、「笑いヨガ療法」がある。

随意的な笑いのエクササイズを通じて、身体的・心理的・生理的な優位性の実験結果を解説する。

さらに、ホリスティック医学の視点から、健康長寿、認知予防、快眠効果やストレス解消法が

心身に及ぼす有用性を報告する。

 

 

13:50〜14:40
《基調講演》      憧れの帯津先生!!
「道を楽しむ者は命長し」
サトルエネルギー学会会長 帯津三敬病院名誉院長 帯津良一
サトルエネルギー学会会長、日本ホリスティック医学協会名誉会長。東京大学医学部卒。

専門はホリスティック医学によるがん治療。

著書『大ホリスティック医学入門』 (春秋社)、『不養生訓』(山と渓谷社)等。

これは貝原益軒の『養生訓』の中の言葉であるが、生きるとは、道を楽しむことである。
この道は『老子』第48章の、「学を為すものは、日日に益し
道を為す者は日日に損す。之を損しまた損し、以て為す無きに至る。
為す無きにして即ち為さざるは無し。の道である。」
今風に言えば、自己実現の道である。道はあまりに平坦であるよりは、多少の困難があるほうが喜びは大きい。
ストレスは道を楽しむための彩りの一つである。

 

 

 

15:00〜15:30         ライアーの響は大好き。  見えない世界もくつろぐ。鎮まる。ですよね。

癒しの楽器「ライアー」の紹介、及び演奏
ライアーデュオ「詩種子」 沢村真利子 丸山桂子

ともに、つくばライアーグループ「つくばライアーの響き」に所属。ライアー響会会員。

今年5月に、二人でライアーデュオ「詩種子」を結成、ボランティア活動を開始した。

丸山桂子:サークル「ティンクルライアーMito」主宰 沢村真利子:ピアノ講師、星のおと「ルーチェステラ」メンバー

ライアーとは、古代ギリシャの竪琴が原型の膝に抱けるくらいの琴です。
シュタイナーの教育の中から、彫刻家のゲルトナーと音楽家のプラハトによって考案され、1926年に生まれました。

太古の時代を呼び覚ますような静かな澄んだ音色は、人々の心を癒します。日本では、スタジオジブリの

「千と千尋の神隠し」のテーマソングになった「いつも何度でも」という曲で、この楽器が知られるようになりました。

今日は、アイリッシュの曲を中心に演奏します。

 

 

15:30〜16:20  とても人気のある先生。 一度お会いしたかった方のおひとり。今回楽しみ。
「ハロー! マインドフルネス〜死にたいほどのうつが薬なしで改善するシンプルなしくみ」
精神科医アマラクリニック表参道院長 松薗りえこ
北海道生まれ。東京女子医科大学卒業後、国立国際医療研究センター、逸見病院(認知療法外来担当)、

赤坂クリニック(ホリスティック・ルーム担当)勤務を経て、

2013年東京都港区にアグライアサンクチュアリクリニックを開設。

2015年5月、アマラクリニック表参道としてリニューアルオープン。薬を使わない精神科医療を行う傍、

「あるがままメソッド講座」を全国で開催している。

著書『心の病が癒されるあるがままメソッド』(評言社)。
精神科医として、感情ストレスについてお話しします。

感情ストレスにより、うつや不安障害・自立神経失調症などを呈することが多くありますが、

死にたいほどのうつであっても感情のストレスの処し方で驚くほど劇的な改善が得られることを日常的に経験しています。

この講演では、感情ストレスを引き起こす「脳のプログラム」を知り、対処する方法を身につけていただきます。

みなさんが自分の考えや感情で苦しまずにすむようになり、

「今ここ」の瞬間を幸せに生きることができるように導きます。

方法はとても簡単でシンプル。合言葉は「ハロー! マインドフルネス」。

 

 

 

16:40〜17:30   ルン・ル の無音CDは私も買いました。すごくいいみたい。
「ストレスも脳をゆるめればすべてがうまくいく」
ハイパーリーディング・意識全開 – 「ルン・ル」代表 植原紘治

1940年新潟生まれ。1988年意識の世界のパイオニア・関英男工学博士とともに、加速学園を設立。

未利用の能力を100パーセント活かす速読法を開発。

それはルンルと呼ばれ、「ルン・ルの会」会員制度として全国で展開中。

著書『ゆるんだ人からうまくいく』等。

初公開! 事例発表「学業成績・後ろからNO.1だった学生が、前から NO.1に大変身」
叡智の巨人と呼ばれている講演者が、若いとき自分が落ちこぼれてであった経験に基づいて編み出された、

「脳をゆるめればすべてがうまくいく」知恵を公開。

若いころ、社会のしくみや人間関係に悩み、大学中退・ホームレスの元祖を自認、

心の旅路を求め釈迦の世界を探求。

その結果釈迦は煩悩を断ち切るや難行苦行の世界でもなく、最後は「自分との対話」を求めたこと、

次から次と訪れる想念を、「川の流れ」として観察し「宇宙大と極小の世界」の両極端を観察。

釈迦の世界を同一視点で体感。

その結果、一人ひとりを縛りつけてきた余分な力を解き放ち、ゆるめることで、

自己の意識が全開することをお伝えします。

 

17:30〜18:00 パネルディスカッション  司会:川口哲史
18:15〜20:30 懇親会

お申込はこちら→サトルエネルギー学会 http://subtle-eng.com/2018autumn.html

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、花、屋外、自然

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
タド・ジュンコ 健康料理スクール
http://tado-junko.com/
住所:東京都世田谷区東玉川1
TEL:03-6326-5821
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

タド・ジュンコ 健康料理スクール 所在地

タド・ジュンコ 健康料理スクールは
『〒158-0084 東京都世田谷区 東玉川 1-9-9』 にあります。

※遠方から、お車でもお越しいただけます。

料理教室流れ

※木の温もり、個人コンサルティングと5~8人の少人数レッスン 世田谷区 自然派 健康料理教室です。

今月のスケジュールはコチラ

メッセージ


大切なあなたへ

野菜と雑穀料理であなたにスイッチおん
お食事コンサル タド・ジュンコです。

料理教室って?
どんなイメージですか?

正直、
ワタシの人生では、長いこと興味ありませんでした。
エプロンした女性の集まり… みたいな程度で。
女子校で育ち、 子育て中は女集団PTAも、会長までやりましたけど。
エコ&ヘルシー系のオタクで、おいしいもの大好き。

編集ライター出身、情報収集と発信はします。
でも、器用ではないんです。
ナゾの料理を作って他人に食べさせたりはしても、
女性の中で料理を教えるなんて、とても考えられない?と思っていました。

好きなのは、野菜と雑穀。
ナチュラル、ヘルシー、エコロジカルでスピリチュアルなテイスト。
ヴィーガン (植物性オンリー)かベジタリアン(ヴィーガンよりも少しゆるい、いろいろなタイプも)。

遡れば
30年間「自然治癒」をテーマに学んできました。
いまは大人になった二人の子どもたちも
薬には頼らず、自然な食べ物と手当てで育児をしました。

生活習慣病を治すための啓蒙活動をするNPOに勤務して、多様な療法を取材し、
いろいろな、少し変わった料理スクールを遍歴し、
スコットランのエコビレッジ、フィンドホーンの農体験や食事にも感動して、
自分でも田畑を借りたけれど、
都会暮らしではオーナーさんの世話になるばっかりのなんちゃって週末農だったり。

なんかいろいろやりましたが、
その結果、いまがあります。

料理の一皿が、広い世界や、自分の内面の深いところにもつながっていると
教えてくれた師匠たちに、感謝しています。

そのへんでスイッチ入った感じです。

これって、

大きな活動よりも、目の前の一皿を変えること。って、
イギリスの偉大な思想家、平和活動家のサティシュ・クマールさんがおっしゃっていたのと、同じですもんね。
なんかえらそうに、だんだん大きな話題になりました・笑。

あなたには、自分の力を引き出して、いつも楽しくいてほしいです。

お子さんのためのレッスンもしましょう。

でも、そのまえに、まずあなたが、安心してほしいんです。

外食は、その楽しさを選べばよいし。

自分のおうちでは、ヘルシーフードにこだわっちゃいましょう。
あなたの力を引き出すレシピで。
添加物ももちろんなしでね。

心の底から安心して、おいしく。

そんな気持ちで。娘や姉妹と取り組んでいる感じで、
料理教室をしています。

ここは、あなたのためのキッチンで、アトリエです。

現在は、自分のスクールのほかに、
医療機関と提携して、生活習慣病の患者さんへの生活指導士養成のお仕事もしています。
そのノウハウを生かして
ここで提供しているのは、結果の出るレシピになりました。

お申込み、お問い合わせは、電話・メール、ホームページやブログの問い合わせボタンで
いつでもください。待ってますから!

© タド・ジュンコ 健康料理スクール. All rights reserved.